履歴書を楽して書く技

履歴書を楽して書く技

履歴書を書くときは必ずパソコンで書きましょう。
手書きだと心がこもって、熱意が伝わると思っている方、それは幻想です。

 

もしあなたが字がきれいであれば、プラス評価になるかもしれませんが、普通以下ならマイナス評価にしかなりません。他にも手書きで履歴書を書くと、誤字脱字をしてしまいやすくなります。それを面倒くさがって修正液でささっと直したりすると、企業にいい加減な人と思われ不採用になります。

 

ただ、どうしても手書きで書きたい。もしくは書かないといけない人のために履歴書を書く時の楽して書く技をご紹介します。

 

楽して書く技その1 1つの項目だけを続けて書く!
履歴書を書く時、高校の名前を書かないといけないところに間違って、中学校の名前を繰り返し書いてしまったという経験をしてしまったという経験はありませんか。私はあります。

 

そこで、履歴書を書く際に1枚1枚仕上げるのではなく、履歴書の数が5枚必要なら5枚同時に同じ各項目だけ連続的に埋めていきましょう。
高校の名前なら高校の名前の欄だけを5枚分埋める、志望動機なら志望動機の欄だけと5枚分埋めるというように進めるとミスが少なくなります。

 

またスピードも上がります。騙されたと思って一度やってみてください。この方法で履歴書を書けば効率化できます。

 

楽して書く技その2 印鑑は最初に押す!
ミスなく履歴書ができたら、最後に印鑑を押して完成・・・が印鑑を押す手が力みすぎてグチャグチャになってしまったことはありませんか。私にはあります。

 

せっかく履歴書を完璧に仕上げたのに、ここでミスできないというプレッシャーがかかっているので、手が力んでしまいます。そのため、先に印鑑を押しておけばそのプレッシャーを回避できます。またもし印鑑がにじんでしまった場合も、書き始める前なので時間のロスを大幅に抑えることが出来ます。

次のページへ進む

人気コンテンツ
→「質の良い求人を探す裏ワザ
 「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜」なんて思ってるかもしれませんが、
 それは探す場所が違うからです!たくさん質の条件の良い求人が眠っている場所をご紹介!

→「3ヶ月待たずにハローワークの失業保険をもらうウラ技
 失業保険は自己都合の場合には、3ヵ月間の給付制限というのが付くのですが、
 やり方次第ではすぐに失業保険をもらうことができてしまうんです!

→「ハローワークの上手な利用方法
 ハローワークは月曜日が混みます。
 土日に休んだ分、月曜日から気合を入れて仕事探しをするという人が多いからです。