しっかりと退職後のご挨拶

しっかりと退職後のご挨拶

退職がすることが決まったら、退職の挨拶をしましょう

 

会社とのトラブルが原因で辞めた場合や、上司との折り合いが上手くいかなくなってやめた場合でも、気の置けない同僚や、贔屓にしてくれる取引先の方がいるはずです。そういう人には、正式な発表前に相談もしくは報告しておきましょう。

 

特に取引先など社外の人とは、会社の利害関係がなくなるので意外と腹を割って話ができるなんてこともあります。また今の会社を退職しても他の会社、組織に移って仕事を続けることになることがほとんどです。いつどのタイミングで付き合いが再開するかわからないので、挨拶状を送りましょう。書き方は以下のとおりです。

 

 

 拝啓、時下、ますますご健勝にお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 さて、私こと、このたび○月○日をもちまして株式会社○○を退社いたしました。
在職中は公私にわたり格別のご厚情を賜りまして誠に有難く、厚く御礼申し上げます。
○○月中は業務の引き継ぎのため、出社しておりましたが、そちらも無事終了いたしました。
 ○○での経験を糧にして新たな生活を築いていきたいと思います。
 今後とも、一層のご厚情を賜りますようお願い申し上げます。
末筆ながら、皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。
敬具  

 

平成○年○月○日

 

住所
名前

次のページへ進む

人気コンテンツ
→「質の良い求人を探す裏ワザ
 「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜」なんて思ってるかもしれませんが、
 それは探す場所が違うからです!たくさん質の条件の良い求人が眠っている場所をご紹介!

→「3ヶ月待たずにハローワークの失業保険をもらうウラ技
 失業保険は自己都合の場合には、3ヵ月間の給付制限というのが付くのですが、
 やり方次第ではすぐに失業保険をもらうことができてしまうんです!

→「ハローワークの上手な利用方法
 ハローワークは月曜日が混みます。
 土日に休んだ分、月曜日から気合を入れて仕事探しをするという人が多いからです。