失業保険受給中にアルバイトはしていいの?

アルバイトはしていいの?

失業保険の手続き中のアルバイトの可否についてご紹介します。
結論を言うとアルバイトはできます。
ただ様々な制約がつきます。

 

以下時系列に沿って失業保険受給手続き中のアルバイトの制約を説明します。

 

待期期間
失業保険の手続きをして7日間は待期期間と呼ばれており、この期間はアルバイトができません。もしアルバイトをする場合はあらかじめ申告しましょう。

 

申告なしにアルバイトをしていたことが発覚してしまったら、不正受給とみなされ失業認定そのものがなされなくなります。そして、以降の失業給付は受けられなくなるので注意が必要です。

 

給付制限期間
自己都合で失業した場合には給付制限期間が3ヵ月あります。 給付制限期間は制限付きではあるもののアルバイトができます。制限は各安定所の判断になるので、所轄の安定所で確認しておくことです。受給期間中よりは制限がゆるいことがほとんどです。

 

厳密に言うとアルバイトの日数を申告する義務はないので、ほぼ自由にアルバイトができますが、受給制限期間が終わるとアルバイトは申告しなければいけないので、あまり派手にアルバイトをしないことをおすすめします。また、アルバイトで長期間は働かないといけない場合は受給資格を失うので注意しましょう。

 

受給期間
そして、最後に受給期間中ですが申告をすればアルバイトができ、その日数を報告すれば失業保険が差し引かれた金額もらえるという形になります。

 

差し引かれた分の支給金額は給付期間が切れた後にもらえることになります。

 

ただし、決まりごとがあります。アルバイトをするにしても「月に14日未満」かつ「週に20時間未満で、4日未満」でなければいけません。「月14日以上の労働」というのは雇用保険に加入できるだけの労働日数になります。

 

そして、「週に20時間以上の労働」というのは「短時間労働被保険者」として雇用保険に加入できる基準となっていることから、失業者として認めらないのが理由です。

 

失業者の定義は雇用保険法や労働基準法にも定められていません。そのため失業者の定義もハローワークによって違うので、事前確認が必要です。ちなみに、失業者とアルバイトの給料の金額も全く関係ありません。

 

また職業訓練をしている場合はハローワークによって、アルバイトの可否に関して見解が異なりますのでそれぞれハローワークに確認しておきましょう。

次のページへ進む

人気コンテンツ
→「質の良い求人を探す裏ワザ
 「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜」なんて思ってるかもしれませんが、
 それは探す場所が違うからです!たくさん質の条件の良い求人が眠っている場所をご紹介!

→「3ヶ月待たずにハローワークの失業保険をもらうウラ技
 失業保険は自己都合の場合には、3ヵ月間の給付制限というのが付くのですが、
 やり方次第ではすぐに失業保険をもらうことができてしまうんです!

→「ハローワークの上手な利用方法
 ハローワークは月曜日が混みます。
 土日に休んだ分、月曜日から気合を入れて仕事探しをするという人が多いからです。