転職に有利な時期とは?

転職に有利な時期とは?

転職を考えるなら、求人が多い時期に行いましょう。

 

確かに求人が少ない時期は競合も少ないので、その時期を狙うという手もありますが、少ない時期に転職活動をすると、通年で求人を出しっぱなしにしているブラック企業に引っかかったりする可能性が高くなります。

 

また求人が多い時期を狙う方が、より多くの選択肢から自分に合った企業を探すことができるのでメリットが大きいです。

 

求人が多くなる時期は一般的に1月〜4月、9月〜11月と言われています。
この時期に重点的に探すことをお勧めします。

 

逆に1月、8月と12月は求人が少ないので転職活動をするとしても、あまり積極的にやらずに様子見程度で活動しましょう。

 

特に3月、4月、9月10月の求人が多く、事業計画を半年ごとに再編する会社が多くそれに伴い求人を出す会社が多いのが理由です。

 

新卒の研修と一緒に中途社員の研修を一緒に済ませてしまいたいという会社もあるようです。他にも自身が退職する場合にもボーナスをもらって辞める社員が多く、退職者が多くなるのでその分補充をしなければならなくなるという会社もあります。

 

無理に焦って求人の少ない時期に探すのではなく、じっくりと比較しながら慎重に探せるような時期を狙って退職を考えるようにすることが大事です。

 

世の中にはこれだけ多くの企業があるのできっとあなたに合った求人は見つかります。

次のページへ進む

人気コンテンツ
→「質の良い求人を探す裏ワザ
 「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜」なんて思ってるかもしれませんが、
 それは探す場所が違うからです!たくさん質の条件の良い求人が眠っている場所をご紹介!

→「3ヶ月待たずにハローワークの失業保険をもらうウラ技
 失業保険は自己都合の場合には、3ヵ月間の給付制限というのが付くのですが、
 やり方次第ではすぐに失業保険をもらうことができてしまうんです!

→「ハローワークの上手な利用方法
 ハローワークは月曜日が混みます。
 土日に休んだ分、月曜日から気合を入れて仕事探しをするという人が多いからです。